在宅医療は
「地域のみんなと一緒にいたい」
を支えます。

あなたの過ごしたい場所
で暮らせるまちへ

あなたの大切な人のために

もしもの時について話し合いませんか?

医療介護専門職の方はこちら

「在宅医療」は選択肢の一つです。

現在、医療処置を必要とされる多くの方々が、病院での入院生活を送られ、また終末期においては、家にいたいという希望はありながらも、病院で最期を迎えられています。ですが、体調について医学的管理が必要な状態であっても、難病や寝たきりの状態であっても、住み慣れた自宅等で在宅医療・介護サービスを利用して、穏やかに暮らし続けることが可能になってきています。病院にいるよりも、不安は多く感じるかもしれません。でも、あなたが望むならば、過ごしたい人と過ごしたい場所で、穏やかに時間を送れるよう、在宅チームでサポートします。

地域包括ケアシステムって?

歳をとっても、病気になっても、家にいられる。家に帰れる。安心して笑える。そんな地域づくりを進めています。

関連記事へ

在宅医療について

実際どんな時にどんな人が利用しているの?料金は?など、「在宅医療」について、また在宅医療にとって大切な「介護保険」についてなど、数回にわけてご説明していきます。

関連記事へ

健康とは?元気でいるためにできること。

病気を持っていても、毎日元気に過ごしている人はたくさんいます。元気を保つコツをお伝えします。

関連記事へ

実際の暮らしをみてみよう

在宅療養をされている方々が、どのようなサービスを利用され、どのような暮らしをしているのか。事例集です。

関連記事へ

相談してみよう

制度やサービスの利用方法、実際サービスを提供している事業所情報などをお伝えします。

関連記事へ

 

>在宅医療相談室あんなかとは

在宅医療相談室あんなかとは

医療と介護の両方を必要とする方が、住み慣れた地域で安心して自分らしく暮らせるまちを目指し、専門職への研修会の開催、情報共有支援・連携体制構築支援や市民の皆様への普及啓発活動等を行っています。